フロートスイッチ Mシリーズ

Fシリーズ LS-M型 LSE-M型

機器概要

Mシリーズ・フロートスイッチは、各種プロセスの液位をフロートで検出するレベルスイッチです。
接点出力にマイクロスイッチを採用し、より接点容量の大きい制御にも使用が可能となりました。
また、Fシリーズに比べて大型のフロートを使用している為、粘度の高い液体の検出も可能です。
屋外防滴仕様の他に耐圧防爆構造(d2G4)をご用意しております。

LSE-M-2LH

特徴

大きな接点容量
AC250V 15Aとフロートスイッチとしては容量の大きいスイッチを搭載しており、上下限2点の接点を設ける事が出来ます。
駆動電源不要のシンプル構造
フロートの浮き沈みを利用して接点の開閉を行うため、構造がシンプルでメンテナンスが容易です。
完全受注生産により現場にあわせたカスタマイズ
現場仕様に合わせ一品一様のものづくりを行っております。高粘度対応、耐圧力仕様など様々なご要求にお応えします。

アプリケーション例

  • コーンルーフタンク、横置き円筒タンク、コンクリートピット、パネルタンク等の一般的な液体貯槽全般に使用できます。
  • 発電設備やボイラ等の燃料タンク、油圧機器の油槽等のプラント附帯設備にもご採用頂いております。
  • タンクへの自動給排液や満空警報、ヒータ制御用と多岐に渡りご採用頂いております。

計器本体 標準仕様

材質
ケーシング:アルミニウム合金鋳物
取付座:SUS304またはSCS13
接液部:SUS304(標準)
外装塗装
メラミン焼付
塗装色
マンセルN7
保護構造
屋外防滴構造 または耐圧防爆構造(d2G4)
接点出力
最大5接点まで設定可
配線接続口
G1/2めねじ(防爆仕様はG3/4)